エージェントゲートが上場するという噂、すでにご存知でしょうか?
IPOは絶対にゲットしておきたいところですよね。

 

このサイトでは、対エージェントゲート用のIPO当選確率をマックスにさせる方法を紹介します!
まず最初に、最新のIPOの情報を下記表から見てみてください!

最近のIPO

 

これをみると、95%以上値上がりしているのがわかると思います!
損はほぼなく、得をすることしかありません。

 

それで、私の今年の当選結果も紹介します。
IPOに当選した証拠
結果的に、
イグニス +65万
サイバーダイン +48万
メドピア 残念ながら補欠あたっていたら +52万
システム情報 +27万

 

合計+140万円!

 

これが今年の結果ですが、かなり順調なのはわかると思います。
通常こんなに当たることはほとんどありません。

 

ただ、ちょっとしたテクニックで当選確率をガーンと上げるコトが可能です。

 

どうしたら、当選確率を上げれるの?

以下の3つの業者を見てください!

 

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

 

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

 

公式サイトはコチラ

上記の3社に同時に抽選依頼をかけておけば、確率はぐんとあがります。
実は上の当選した写真は、この3社に同時依頼をかけ続けた結果なんです。

 

この3社のメリットは
マネックスは、完全に平等に抽選枠が設定されているので、誰でもフラットな条件で
抽選することが可能となっています。

 

さらにSBIは外れる度にポイントが貯まる仕組みになっているので、
前に、114ポイント使って、リプロセルのIPO当てましたけど、それだけで146万円の利益です!
絶対に抽選を絶えず行いましょう!

 

最後にSMBCですが、これは、主幹事を務めるコトが多く、
平等に抽選してくれるので、かなり当選枠が多いのが特徴です!

 

ですので、この3社から同時抽選依頼をかけ続けるとかなり現在アツイ状況になっているというわけですね。

 

 

 

エージェントゲートってどんな会社?
株式会社エージェントゲートは、ベンチャー企業として始まった会社です。アドネクスト事業部とヒューマンネクスト事業部に分けられています。株式会社エージェントゲートのアドネクスト事業部では、WEB広告やリアル広告を利用して、ネットビジネスを行っている会社のために戦略を立案し、サービスなどを提供する部門となっています。アプリケーションの企画や開発も行っており、ギフトポケットやみんプレなどのアプリをリリースしています。幅広い年齢層で利用されており、アプリの価値は非常に高くなっています。このほかにも、マルチプラットフォームアドネットワークであるFormulaやリアルアフィリエイトネットワークを利用した広告サービスなども展開しています。非常に広い規模での広告宣伝効果が見込めるため、大きな利用価値があります。株式会社エージェントゲートのヒューマンネクスト事業部では、WEB開発やシステム開発、運用、保守などに高い技術力を持った技術者を育成し、依頼者のニーズに合わせてソリューションを行う事業を展開しています。このような事業は、携帯のアプリケーション開発や官公庁向けの法改正システムの修正、医療経システムの開発などのプロジェクトに広く利用されています。このように、株式会社エージェントゲートは、高い技術力の供給やサポート力により、多くの企業で活躍の場を広げています。平均年齢も比較的に若く、若手の育成にもしっかりと力を注いでいます。

 

幹事証券はIPOの割当てが多い
IPOが人気です。しかしこれは今に始まった人気ではありません。新規上場株は値上がりする傾向が強いことから、何年も前から投資家の間では人気でした。
すでに経験済みの人も多いでしょうが、IPOは、申し込めば必ず帰るといったものではありません。発行株式数よりも大幅に多い購入希望者が出るため、通常は抽選により購入者を決めます。また、特定の投資家に偏った配分も問題なので、基本的には当選しても、割り当ては1単位までとなります。
IPOには幹事証券会社があります。どこかの証券会社1社が、その企業の上場の幹事となり、その証券会社がより多くのIPOを販売する権利を与えられます。よって、より当選確率を挙げたい場合には、今取引している証券会社で申し込むというのではなく、幹事証券会社はどこかを確認の上、そこから申し込むという方法が良いでしょう。
ただし、当然ながらあらかじめ証券口座は作っておかないと申し込めませんので、まずは幹事となりそうな大手証券会社にはすべて口座を作っておきましょう。
また、当選確率を上げるために複数の証券会社の抽選に申し込むことは禁止されています。証券会社は横のつながりがあるために、複数申し込み者は発覚します。注意して下さい。